生活・暮らし

洗濯槽掃除は『ワイドハイターex』がおすすめ!実践した模様を解説します

こんにちは、リセット大好きおやすです。

前回、ワイドハイターexでシンク掃除をした記事を書きましたが、引き続きワイドハイターex使った掃除ネタです。

 

突然ですが、質問です。

洗濯槽の掃除ってどのくらいの頻度でされていますか?

 

ついつい後回しにしがちですが、放置しすぎるとカビの原因になってしまいます。

定期的に月1はした方がいいんだとか…!(わ~めんどくさいですよね)

 

いつもは「洗たく槽カビキラー」を使って掃除をしていましたが、もしかしたらもっといい方法があるのでは?と思って調べたところ、、、ワイドハイターexを使ってみることに!

実際に洗濯槽の掃除をしてみたので、ご紹介していきます。

「ワイドハイターex」が「洗たく槽カビキラー」よりもいい理由(※わたしの見解)

独身時代からずっと洗たく槽カビキラーを使ってきましたが、ワイドハイターexを使ったおすすめの掃除方法を見つけたのでご紹介していきます。

まずは、ワイドハイターと洗たく槽カビキラーの違いについてお伝えしますね。

ワイドハイターexって?

ワイドハイターexは、酸素系漂白剤です。

酸素系の漂白剤は、漂白・除菌・消臭効果があります。

主成分は過炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)で、水に溶かすとしゅわしゅわと音を立てます。

この発泡効果が、汚れを浮かせて落としてくれます。

 

ワイドハイターexと洗たく槽カビキラーの違い

成分を調べてみたところ、「洗たく槽カビキラー」は塩素系のクリーナーだとか。

塩素系と酸素系では、性質が異なります。

▼塩素系と酸素系の比較

 塩素系酸素系
商品例洗たく槽カビキラーワイドハイターex
作用汚れを分解して落とす、カビの予防もしてくれる泡で汚れをはがして落とす
弱み汚れを落とす力は酸素系に劣るカビの殺菌作用は弱い、塩素系に劣る
掃除頻度月1ペース半年に1回
掃除方法水、つけ置きNGお湯でのつけ置き(3時間以上)
注意点他の洗剤と混ぜると危険ドラム式だと使用できない場合あり
におい匂いが独特(プールを想像してください)特になし

塩素系だと、殺菌作用が強く、つけ置きせずに洗濯槽を稼働させるだけなので、簡単です。

ただ、ラーニングコストと月1ペースと考えると、、、めんどくさい&高コストだなと思います。

一方、ワイドハイターexは、強い発泡力で汚れを落としてくれ、半年1回ペースでいいので、わたしにはこっちの方があってるかも!

しかも、酸素系は肌にも優しいので、アトピー持ちの旦那さんのことも考えると、ワイドハイターexは最適です。

いざ実践!ワイドハイターexを使って洗濯槽を掃除します

早速、ワイドハイターexで洗濯槽の掃除を開始していきます。

①お湯を溜める

洗濯槽にお湯を溜めていきます。

ズボラーなわたしは、洗面台の蛇口からお湯を出して溜めました。

ワイドハイターexは、40~60度で効果を発揮します。(水はNGです!)

②ワイドハイターを投入!

ワイドハイターexを投入します。

10リットルの水に対して、50gが目安です。

50リットルの洗濯槽であれば、ボトル半分くらい。

③追い熱湯をし、水温40~60度に調整する

追い熱湯で、水温を40~60度に調整していきます。

④「洗い」機能で槽を回転させ、そのまま3時間以上放置

 

「洗い」機能で洗濯槽を回転させ、そのまま3時間ほど放置します。

一晩おいている人も多いみたいです。

⑤汚れが浮いてくるので、すくい取る

放置して3時間ほどたったので、洗濯槽を覗くと、黒い汚れが浮いているのが見えます…!

き、汚い…!(ごめんなさい…!)

定期的に洗たく槽カビキラーで掃除をしてきたので、驚くほど黒カビは出てきませんでしたが、ワイドハイターで掃除をすると汚れが目に見えてわかるので、気持ちがよいです!

汚れは、網などで丁寧にすくい取ってください。

⑥「洗い→すすぎ→脱水」で洗濯槽のリセット完了!

最後は、「洗い→すすぎ→脱水」で完了です。

これからは、ワイドハイターexをフル活用します

掃除グッズとして万能のワイドハイターex。

ごそっと汚れをはがしてくれるので、洗濯槽がキレイになりました!!

 

この記事を書いた人
おやす
おやす
マイホームは持たず、賃貸1DKに夫と二人暮らし。 結婚を機に(夫が若干の潔癖症)、片付けに目覚め始める。あらゆるモノをリセットしていくことで、心躍ることを実感。そして、心も体もシンプルに…♡ 無駄なものを省いて、必要なものは厳選して、身軽で便利な暮らしを実践しています。