シミ対策

ポーラ ホワイトショットの口コミの効果は嘘?動画ありの体験レポート

ポーラ ホワイトショット 体験レビュー

ポーラのホワイトショットといえば、美白ケアとして有名なブランドですよね。

しかし、ホワイトショットには、たくさんのラインアップがあって「どれを使えば良いのか分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、ポーラのホワイトショットの全アイテムを分かりやすいように表にまとめてみました。

さらに、その中で特にシミに効果的なアイテムを私自身も実際に使用してみましたので、体験レビューとして紹介していきたいと思います。

ポーラ ホワイトショットの公式サイトで詳細を見る

ポーラのホワイトショットは6種類

ポーラのホワイトショットのラインアップ

新製品が登場するたびに、ベストコスメを受賞し続けてきたポーラのホワイトショット。

シミ対策として一般的に考えられる「メラニンの生成抑制」のみならず、美白有効成分ルシノール®による「メラニンロック機能」をはじめ、肌が自ら白くなろうとする力 「セルフクリア機能」「スライドクリア機能」を業界初、新解明するなど、美白に対する研究は進化し続け、現在では6種類の商品が取り揃えられています。

それぞれのアイテムの詳細について、分かりやすいように以下の表にまとめてみました。

2018年新改良
ホワイトショットSXS
2018年新改良
ホワイトショットCXS
ホワイトショットRXホワイトショットQX 2018年新改良
ホワイトショット
インナーロック
タブレット IXS
ホワイトショット
インナーロック
リキッドIX
イメージ ホワイトショットSXS
スポット美白美容液
ホワイトショットCXS
美白美容液
ホワイトショットRX
美白ジェルクリーム
ホワイトショットQX
シートマスク&美容液
ホワイトショット インナーロック タブレット IXS
美白サプリ
ホワイトショット インナーロック リキッドIX
美容ドリンク
用途部分的なシミくすみ皮脂ヤケ日焼け後の鎮静、特別ケア内側からの美白サポート内側からの美容サポート
概要気になる部分に使用する
クリームタイプの
薬用美白美容液
メラニンによる黒ぐすみ、
糖化による黄ぐすみに、
顔全体に使用する
液状の薬用美白美容液
夏の皮脂ヤケのケアに、
顔全体に使用する
ひんやり気持ちいい
ジェル状の美白クリーム
大事なイベント前や、強い日差しを浴びた日の夜に、
薬用美白シートマスク&
フィルム状美容液のセット
ポーラオリジナル成分配合
食べるホワイトショット
【特許取得健康食品】
クリアシトラス風味で、透明感を体の中からサポートする
飲むホワイトショット
【特許取得健康食品】
美白成分ルシノール、
ビタミンC誘導体
ルシノール、
ビタミンC誘導体
トラネキサム酸トラネキサム酸(マスク)ブランノール®EX、メロングリソディン、ビタミンCブランノール®L、
ビタミンC
容量20g(約3ヵ月分)本体・リフィル25ml
(約2ヶ月分)
ラージリフィル50ml
(約4ヶ月分)
本体・リフィル各50g
(約2ヶ月分)
フィルム状美容液:
1セット(4枚入り)×5包
シートマスク:
24mL(1枚入り)×5包
60粒(約1ヵ月分)
180粒 お徳用(約3ヵ月分)
1箱 30ml×10本
価格20g/12,960円(税込)本体/16,200円(税込)
リフィル/15,120円(税込)
ラージリフィル/27,000円(税込)
本体/12,960円(税込)
リフィル/12,420円(税込)
11,880円(税込)60粒/6,696円(税込)
180粒 お徳用/17,820円(税込)
6,264円(税込)

ご覧の通り、製品によって用途が異なりますので、ケアしたい内容にあわせてアイテムをセレクトする必要があります。

中でも、シミのポイントケアに効果的なアイテムが「ホワイトショットSX」。

ということで、頬のシミが気になる私が「ホワイトショットSX」を実際に取り寄せて使用してみることにしました。
(「ホワイトショットSX」は2018年にリニューアルされて「ホワイトショットSXS」となりました)
 

ホワイトショットSXとは?

メラニンロック機能に着目
ホワイトショットのメカニズム

チロシンとチロシナーゼが合体してできるのがシミの元になるメラニン。

ポーラの美白成分ルシノール®は、チロシナーゼに先回りしてチロシンをよせつけず、メラニンをつくらせません。

肌にもともとある美白機能に着目
セルフクリア機能が高い肌
セルフクリア(美白)機能が高い肌

①メラニンが密集して「メラニンキャップ」を作る
…表皮細胞は核を守るためにメラニンを密集させ、「メラニンキャップ」を形成。上から見ると、細胞の90%を覆い、肌色に大きく影響します。

②「メラニンキャップ」を分解する
…表皮細胞が成長すると核を守る必要がなくなり、メラニンキャップを分解します。

③メラニンを消化する
…メラニンはさらに細胞内で消化され、不要なメラニンを含まない角質細胞となります。

セルフクリア機能が低い肌
セルフクリア(美白)機能が低い肌

①メラニンが密集して「メラニンキャップ」を作る
…メラニン量に関係なく、すべての人にあるメラニンキャップ。メラニンキャップが残るとシミ・くすみの原因に。

②「メラニンキャップ」を分解できない
…表皮細胞のメラニンキャップ分解機能が働かず、大きな塊のまま細胞内に残ってしまいます。

③メラニンを消化できない
…メラニンの塊が残ったままで消化も進まず、メラニンが残った角質細胞に。

 

シミに一撃!ショットデリバリー処方
ホワイトショットのメカニズム

肌に密着性の高いエマルジョンで、気になる部分にピタッと留まり(密着ショット感触)、膜を形成します。

さらに、メラノサイトと親和性の高いエマルジョンが美白有効成分を内包し、シミの工場であるメラノサイトに効率よく届けます。

ホワイトショットSXの効果

メラニンを過剰につくらせない

肌本来の美白機能を健やかに保つ

美白有効成分をメラノサイトまで届ける

 

ホワイトショットSXSは何が新しくなったの?

ホワイトショットSXS

ポーラは、シミやくすみの原因は紫外線だけではなく、積み重なるストレスや加齢によってメラノサイトの移動が抑制されることも要因であると新発見しました。

つまり、シミの元となるメラニンをつくりだすメラノサイトを移動させ、メラニン量を適切に保つことができればシミを予防することができるということです。

ホワイトショットの処方

メラノサイトを移動させてメラニン量を適切にする”アライブクリア機能”に着目したポーラは、新開発のポーラオリジナル美容成分「m-Aクリアエキス」をはじめ、ポーラオリジナルの複合成分「ルシノール®EX(2種類の美白有効成分+ 美容成分)」を配合し、さらに美白有効成分をメラノサイトにしっかり届ける”SXSショットデリバリー処方”を採用し、肌が本来もつ美白の力を引き出して透明感のある肌へ導いてくれます。
 

実際に使ってみました

ホワイトショットの体験レビュー

肌の美白機能を整えてくれるという美白アイテム「ホワイトショットSX」を頬のシミが気になるアラサーの私が実際に試してみました。

商品名ポーラ ホワイトショットSX
価格7,020円(税込)
容量10g(約1.5ヶ月分)
分類医薬部外品
<有効成分>
4-n-ブチルレゾルシンアスコルビン酸2-グルコシド

<その他の成分>
水、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリン、POE・ジメチコン共重合体、無水ケイ酸、高重合ジメチコン-1、クロレラエキス、カッコンエキス、アロエエキス-2、グリチルリチン酸2K、ビワ葉エキス、アーティチョークエキス、ユズセラミド、ショウキョウチンキ、マヨラナエキス、桃葉エキス、スターフルーツ葉エキス、クララエキス-1、ショ糖脂肪酸エステル、水酸化K、無水エタノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、ワセリン、イソステアリン酸ソルビタン、クエン酸Na、エタノール、オレイン酸PEG、クエン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

ポーラ ホワイトショットの公式サイトで詳細を見る
 

ホワイトショットSXの使い方

ホワイトショットの使い方

朝晩ローションで肌を整えた後、顔のシミ・ソバカスが気になる部分にやさしくなじませます。
(朝、晩の使用で約3ヵ月分。※使用部位等により使用期間に個人差あり)

1回分の使用目安は、気になる部分に小さめの真珠一粒くらいです。

使用方法
ホワイトショットSXの使い方01
①気になる部分の上にチューブから美容液を出して適量置きます。
ホワイトショットSXの使い方02
②美容液を浸透させるように指の腹で5秒くらいやさしくおさえます。
ホワイトショットSXの使い方03
③最後に、美容液を密着させるようにくるくるとやさしくなじませます。
シミより一回り大きくぬるのがコツ。

 

ホワイトショットSXのテクスチャー

ホワイトショットSXのテクスチャー動画01

ホワイトショットSXは、美容液というよりは、やわらかめのクリームのようなテクスチャーなので、液だれなどの心配もなく、気になるシミにピタッと密着してくれるような心強さを感じました。

まさに、シミの集中ケアに適しているアイテムのようです。

気になる部分にチューブからそのまま出すというのはどうなのかな?と思いましたが、慣れるとチューブのままでも適量が出せるので、意外と便利です。

特に気になるニオイなどもなく、ノンストレスの美白アイテムだと感じました。
 

ホワイトショットSXのテクスチャー動画02

伸びも良いので、シミの上に塗り広げる際に余計な負担がかかることもなさそうです。

塗布後は、スーッと浸透していくような感覚があり、シミに効きそうだなと感じました。
 

ホワイトショットSXを使った感想

ホワイトショットを使った感想

まだ1本目の途中なので、頬のシミへの効果は分かりませんが、本来の肌の美白機能を整えてくれるということに対して大きな期待を寄せています。

そういえば学生の頃は、炎天下で活動しても顔にシミができることなんてありませんでした。それが年齢とともに、本来あるはずの機能がどんどん衰えてシミが排出されずに残ってしまったのかもしれません。

使い勝手が良いアイテムでもあるので、根気強くシミケアを続けていきたいと思います。また、何かしらの効果が出たら追記していきたいと思います。
 

美白効果
保湿効果
肌へのやさしさ
おすすめ度

ポーラ ホワイトショットの公式サイトで詳細を見る
 

ホワイトショットSXのメリット・デメリット

ホワイトショットのメリット・デメリット

ホワイトショットSXについての口コミや評判を調査し、そこから見えてきた内容をまとめてみました。

【効果ありの口コミまとめ】

・薄いシミは消えやすい
・効果が出るまでに最低1ヶ月はかかりそう
・肌への負担が少ないシミケアができる
・値段は高いけど、その分モチが良い
・同シリーズのホワイトショットCXと一緒に使うと相乗効果がある
【効果なしの口コミまとめ】

・劇的な変化はない
・効果が分かりにくい
・ターンオーバーの期間(28~56日程度)より前だと効果が出にくい
・2ヶ月続けても効果が実感できない人もいる

ターンオーバーの期間より前だと効果が出にくいとありますが、やはり肌再生を考えると、シミへの効果が出るまでには最低でも1ヶ月〜は必要だといえます。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝や生まれ変わりのことを言い、誕生した表皮細胞は代謝活動をしながら押し上げられていき、肌表面でやがて垢となって剥がれ落ちます。

しみとそばかすのメカニズム03

このターンオーバーのサイクルに28日~56日程度かかると言われています。

こういったことからも、特に初期の薄いシミに対して、有効成分が効果的です。

反対に、年数が経って隆起してしまったシミなどは、美白化粧品でのケアが難しくなるため、シミの種類や状態を見極める必要があると言えます。

シミの種類の見分け方については、「シミの種類に合わせたケアが大事!10種類のシミの原因と対策方法」で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。
 

お得に購入するには?

ホワイトショットSXSの価格比較

「ホワイトショットSX」は、2018年2月に「ホワイトショットSXS」へとリニューアルされていますので、価格比較は新商品の「ホワイトショットSXS」でおこなっています。

ホワイトショットSXSの価格比較

ホワイトショットSXS
amazon15,526円(税込)
楽天市場12,960円(税込)
ポーラ公式12,960円(税込)

amazonや楽天などの通販サイトを調べてみたところ、ごく一部のショップで「ホワイトショットSXS」の取り扱いがありました。しかし、ほとんどが旧製品の「ホワイトショットSX」でしたので、購入の際はお気をつけください。

ただし、通販サイトでの取り扱いは、転売または代理店となるため、類似品に注意して購入する必要があります。

さらに、amazonでは、公式価格よりも割高な価格になっていたので、「ホワイトショットSXS」を購入する場合は、ポーラの公式サイトが安心&おすすめだと言えそうです。

ポーラ ホワイトショットの公式サイトで詳細を見る
 

ホワイトショットSXはこんな人におすすめ

ホワイトショットがおすすめの人

いかがでしたでしょうか?

ホワイトショットSXは、以下のような方に特におすすめです。

こんな人にオススメ
  • 気になるシミをピンポイントでケアしたい
  • シミができやすい部分のシミ予防に
  • 負担の少ないシミケアがしたい
  • 根気強くシミのケアを継続できる

ホワイトショットSXは、シミのピンポイントのケアとして使用するものなので、顔全体のくすみをケアしたいという方には向いていません

ターンオーバーを促進することで、今あるシミを効果的にケアするアイテムです。

また、シミができてしまっている部分は、ターンオーバーのサイクルが滞りやすい部分でもあるので、ホワイトショットSXを使用することで、シミができやすい部分の美白機能を整えることができ、シミ予防にも繋がる万能アイテムだと言えそうです。

※「ホワイトショットSX」は2018年にリニューアルされて「ホワイトショットSXS」となりました。
 

今回ご紹介した商品はこちら